FC2ブログ

アデンに棲まう日々

オンラインゲームLineage2のプレイ日記です。  世知辛いアデン大陸を闊歩するエルダーの毎日を、まったり更新で綴ってゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

バーティカル・リミット

本日は、春のような陽気でした。
まるで桜が千花乱舞を始めるかと思うような、うららかな日和。
寒いのが大嫌いな僕としては、まさにゴキゲンな一日となりました。

しかし、残念ながら未だ二月。
桜はまだまだ先の話、その内に、また冷え込みが戻って来るのでしょうか。

それでも、今日は今日です。
僕は、まるでエヴァに祈るように、暖かな日差しを尊び謳歌しました。


こんにちは。  まず、今日を生きる為に生きましょう。
 "イメージしてごらん?"  エルダーのラーク・スカイウォーカーです。



こんな、暖かな日差しに、ツイうたた寝を・・・

20060222210808.jpg

などと、これはそんな、のんきな状況ではありませんw



楽しむ為に、ピクニック気分で足を運んだ悪魔の島。

20060222210844.jpg

そこで、つい楽しむ気持ちが高ぶり過ぎた為に

20060222210916.jpg




20060222211028.jpg

おかしな具合に、みなぎりスイッチ まで入ってしまいまして・・・

20060222211059.png








20060222211210.jpg






恐るべき相手を、まるで珍獣のように扱った結果・・・・









20060222211225.jpg


突如として ワープをしてきた ザケンに、なますの如く切り刻まれました。
なすすべもなく、PTは全滅。
これは天罰でしょうか、迂闊な僕らを嘲笑うかのような天罰。

実はこの時、居合わせたメンバーが装備を遺品としてドロップしました。
落としたご本人は、キッパリ諦めると仰って、サルベージ部隊の結成を硬くご辞退なされたのですが。



そこは、我 ら が 銀 侍 !



チャットでのやり取りが収束し、サルベージを行わない事が決定。
そしてPTが解散されるやいなや、銀さんは僕へボツリと一言だけ囁きました。

銀侍「ラーク、バフ頼む」

ピンと来ました。
当たり前です、僕に分からない筈がありませんよ。



銀さんは、たった独りでも、サルベージに向かうつもりなのです。
孤高の闘争心は未だ消えず。
銀さん、あなたはなんてカッコいいんでしょう、けれどね・・・・。

僕があなたを、独りで行かせると思っちゃいけません!w

僕は黙って、いの一番に自分へバフを掛けました。

そして、共に行くと断固たる宣言をしてから、今度は銀さんへもバフを掛けました。

忘れちゃあ嫌ですよ、銀さん。
僕の命は銀さんに預けてあるんです、死ぬも生きるも一緒です。
そうでしょう?




20060222211854.jpg

麻痺スキルを持ったモンスターの群れの中を、僕らは、神に祈りながら駆け抜けました。
銀さんはスキルを全開にして、敵を瞬殺。

エルダーである僕には、麻痺を治す手段がありません
つまり麻痺を食らってしまったら、そこでサルベージは失敗。
二次遭難をする公算が高い、非常に厳しい戦いです。


20060222212019.png




20060222212541.gif


ああどうか・・・。
エヴァの神様、この熱き魂を持つグラディエーターを。
銀さんを、どうかお守りください。







20060222212930.jpg

この崖から下へ飛び降りれば、行く先は、高Lvの敵ばかり。
ここがまさに バーティカルリミット です。

突撃前の回復休憩を取りながら、僕は、やっぱりあの頃を思い出していました。

そう、それは。
僕がまだ、マジックパワーチュニックを着ていた頃の、懐かしい事件。

蟻穴で遭難した挙句、一張羅のチュニックを落とした僕を、銀さんが颯爽と助けに来てくれた、そんな懐かしい思い出でした。

あの時に初対面だった僕は、心の中で密かに、銀さんを 【ヒーロー】
そう呼びました。




そして月日は流れ。
帰る家を失くし、根来四人衆で彷徨っていた時に。
銀さんは僕を 【友】 と、そう呼んでくれました。


・・・銀さんに覚えておいて欲しい事が、僕には一つだけあるのです。

それは、僕の命は、あの日から 銀さんのものだと言う事

これは、恩があるからそれを返すとか、そんな薄っぺらいものじゃありません。
それぞれ呼び名は違えど、互いに、大切な物の名を相手に冠した日から、僕らの信頼関係は揺ぎ無いものになった筈。
少なくとも、僕は強く、それを確信しています。

銀さんが玉座に在る所を、この目で見たい。
僕の命は今、それだけの為にあるのです。

万難を排し、駆け上がり、いつか城を手にする時まで、僕の命は銀さんのもの。

ただ一つ、これだけはどうか覚えておいて下さい、銀さん。






いよいよ以って 大海賊の密室に続くドア の前にたどり着いた僕らは

20060222214311.jpg


扉の前で、暫しと語り合いました。

20060222214430.gif


これから命を捨てるかも知れないというのに。
僕らはまるで

うららかな春の日差しの元、弁当をでも広げているような

そんな暢気さでおどけながら。



だって、そうでしょう?


ヒーローと共にあるのならば

友と共にあるのならば


死が怖い筈もありませんよ。






さてさて。

ここから先は、あまりの事態に、SSを撮る暇がありませんでした。
従って、結果だけをご報告させて頂きます。

サルベージは見事に成功!!

数々と出た遺品は、今、銀さんの手元にあります。順次、皆さんの元へと帰る筈です。



昨夜のメンバーだった皆さん。
勝手ながら、一つ、お願いがあります。
どうか、どうか。
受け取る際には是非、銀さんの英断と勇気を 称えて下さい。


これは、仲間の為なら命も顧みぬ、銀さんの功績に他なりません!
スポンサーサイト

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

コメント

GJ!!
かっこいい!!

  • 2006/02/25(土) 11:52:12 |
  • URL |
  • 名前のない人 #JRF4jLPA
  • [編集]

お褒めにあずかり光栄です。v-435

つたない僕の日記ですが、これからもお読み頂ければ、これほど幸せなことはありません。^^ノシ

  • 2006/02/25(土) 17:49:27 |
  • URL |
  • LarkSkyWalker #fQE70zoc
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pacificgreen.blog31.fc2.com/tb.php/42-f4f788ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

記事リスト

最新の記事

プロフィール

LarkSkyWalker

Author:LarkSkyWalker
J6(ゴースティン)サーバーにて
日々、ウロウロしてます・・・
ヤル気あるんか!と問い詰めないでw

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

最近記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク・公式と情報

リンク・所属血盟

リンク・ブログ日記巡り

ランダムつぶやき

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。