FC2ブログ

アデンに棲まう日々

オンラインゲームLineage2のプレイ日記です。  世知辛いアデン大陸を闊歩するエルダーの毎日を、まったり更新で綴ってゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

アデンの三流

突然思いついた様に長らくの休暇を頂きまして、申し訳ありませんでした。

お久しぶりです。
Hello, My precious world !! エルダーのラーク・スカイウォーカーです。
アデンの皆様お元気でしたか?
僕は、そうですねぇ・・・Things could be a lot better. と言った所でしょうか。

さて六月の頭にプレイ可能期間が終了し、それよりおおよそ半月あまりの休止。
その後に復帰した後は、現在に至るまで、破綻した我が懐を再建する為に

20060630164017.jpg

20060630164033.jpg


愛犬を連れ、麗しの故郷で狩猟を楽しんだり

20060630165029.png

20060630165037.jpg

足長おじさん(仮名)にバトンタッチをして、くじ引きに挑戦したりしていました。
売るにも困る程拾った魔法書を三冊お供えして、くじを引いた結果は・・・


20060630165048.png



20060630165056.png

見事、帰りのお車代 でしたw




line.jpg




さて。
SpSもPOTも使わずコツコツと狩りを続ける内に、僕の心に芽生えた疑問がありました。
それは

僕は何の為にアデンに在るのだろう・・・

極めて根源的な、己のプレイスタイルに対する不信感でした。
自己への詰問など、少々と高尚な印象でして、おおよそ柄にもないことですがw
どうしてもそれを考えずには居られなくなりました。

たとえば週末に、必死の形相でアデナを稼いだとしても、その殆どは平日の消耗品代に消えてしまいます。手元に残るのは、本当に僅かなアデナ。
10以上もオーバーレベルの狩場へ日常的に足を運べば当然の結果です。
毎日、豪奢なパーティを開いているようなものですからね。
いうなれば、自転車操業の毎日です。

身の丈にあった狩りをしなくてはならないのが、アデンの慣わし。
ご褒美の冒険はたまの楽しみにして、日々の狩りは慎ましくあらねばならないのです。
その現実へ目を瞑り、誰かの為だと自分へ言い訳をしながら毎晩フルSpS。
そう、僕の財布が破綻したのは他でもない、甘んじた僕の責任です。

このままの狩りを続けたと仮定して、ざっと概算してみますれば・・・。
Cグレ装備を卒業する日が来るのは、まるきり 気も遠くなる程 先の話。
ボヤボヤと寄り道をしておれば・・・
うっかり、リネージュ1の世界が 始まってしまうやも知れません。orz

その事実を目の当たりにした時に、僕は勢い頭を抱えて唸りました。
もっとも、唐突にエヴァが僕へ微笑み、レアドロップに恵まれる可能性もあります。
あるにはあるのですが、それを当てにしていては、アカウント丸ごとの破産は
既に目前です。

周りは誰もが高級装備。
僕だけブレスドのままで戦場に出向き、なますの如く切り刻まれる。
そんな日が来る事を想像して、僕は自然と塞ぎ込むようになりました。

とどのつまり。
侍衆に籍を置いて狩りを続けるという事自体が、僕の身の丈に合っていないのじゃないかな。
我がなけなしの切なきアデナと向き合えば、自ずと答えが見えてくるじゃないか。
そんな事を、頭を抱えて悩み続ける始末。




line.jpg




そもそものオハナシ。
僕は戦争が好きなのだろうか。
そう自問自答をしてみれば、答えは至ってシンプル。

僕は、見知らぬ方とのPvPに楽しみを見出せぬ性質 なのです。

フィールドでは言わずもがな、それが戦場であっても同じ事。
モンスターと違いプレイヤーには 人の心 があります。
たまたま出会った見知らぬ人を、圧倒的な力でねじ伏せる日常も。
そして当然の事 こちらの方が現実的ですが 僕がねじ伏せられる日常も。
どっちも嫌だな。
うんうん、そうそう・・・ ラヴ&ピース ですよw

そんな僕が、戦地へ赴く事を望んでいた動機は、ただの一つ。

我が敬愛する盟主の銀さんが、玉座に在るのを見たかった。
そのただ一点だけでした。
僕にとっての戦争へ参加は、言うなれば、その為の手段に過ぎませんでした。

もしも銀さんが玉座に上がる姿が見たいだけならば。
困窮極まる我が身が戦場に在ったとて、それは何の足しにもならないじゃあないか、と。

仮に。
たとえ戦場で活躍出来なくとも、日頃からやることは沢山ある。
僕はそう思い、これまで勧誘活動やらメンバーとの意見交換やら。そうした活動をして参りましたが、それとて果たして血盟の為になっていたのかどうか。
動けば動くほど、何やら雁字搦めという寸法でして。

ああ、僕に出来る事など、実は何も無いのじゃないかな。
銀さんを玉座に上げるには、それを出来る力のある人が必要なのじゃないかな。
出来ぬ僕が足掻けば足掻くほど、上手くは行かないように思える。
そう考えれば、後は結論まで一直線でした。


本音を言えば、お名残惜しい限りですが。
僕はこの度、侍衆から 脱退 をさせて頂く運びとなりました。

僕と共に遊んで下さった、心優しい侍衆の皆さん。
これまで本当にありがとうございました。
どうかお元気で。皆さんの御武運を心よりお祈り申し上げております。
もしもアデンの何処かでばったりとお会いした時に、ただ笑って手を振りあえたならば。
それこそが、お気楽エルダーには勿体無い程の幸せです。




line.jpg




これから、まずは数日。
静養とリハビリを兼ねて、我が愛しのアデン大陸をノンビリと散策しようかと思っています。
必死に敵を倒したり、誰かと競ったりする事もなく、ただノンビリと物見遊山。

向上心が胸に燃える人々から見れば、僕のプレイスタイルは自堕落に映るやも知れません。
けれど・・・。

一流になる事が、僕の全てではありません。
僕はたとえば、二流三流と呼ばれてもいい。
いやむしろ
「アイツはだらしないね!」
と笑われたとて一向に構いませんとも。はい。


世界の最高峰 に登らねば、見えぬ景色もありましょう。
けれど、路傍に咲く平凡な花の美しさは、最高峰の高みからは見られないものです。

そのどちらにも、それぞれに価値があるのならば。

僕はこれから、天下一品の三流プレイヤー を目指して行こうかと。
そんな具合に、進む道を自ら選ぶ事としました。

人のうらやむ装備を持たずともアデンを楽しむ、そんな冴えたやりかたが、きっとある筈です。
三流ならではの楽しみ方。
これを求め、生まれ変わった気持ちで、ここからアデンを歩いてゆこうかと思っています。

そんな僕の、三流ブログにお付き合い頂ければこれ幸いです。
どうか皆様、これからも宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

まことに勝手ながら

20060613193207.jpg

只今、こういった状態でして。orz

英気を養い、いずれ復帰をしようと思っております。

暫しの骨休めを頂きます。
皆様のご武運、お祈りしております。^^ノシ

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

FC2Ad

記事リスト

2006年06月の記事

プロフィール

LarkSkyWalker

Author:LarkSkyWalker
J6(ゴースティン)サーバーにて
日々、ウロウロしてます・・・
ヤル気あるんか!と問い詰めないでw

カレンダー(月別)

05 ≪│2006/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

最近記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク・公式と情報

リンク・所属血盟

リンク・ブログ日記巡り

ランダムつぶやき

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。