FC2ブログ

アデンに棲まう日々

オンラインゲームLineage2のプレイ日記です。  世知辛いアデン大陸を闊歩するエルダーの毎日を、まったり更新で綴ってゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Fly Me to the Moon

今、僕が一番欲しいもの。
それは、ブレスド3点セットです!><b

ブレスドのセットボーナスは、NT-1 WIT+1 最大MP+170 防御力+5%
今着ているカルミアンセットに比べ、詠唱は多少遅くなるものの、MP総量と回復速度のUPが見込まれます。

実は、次の買い替えを考える際、アバドンローブも視野に入れました。
セットボーナスは、物理防御力+5% 魔法詠唱速度+15%
カルミアンセットと同じボーナス。MP総量はブレスドに比べて落ちますが、しかしアバはBグレードです。

デザイン的には、ブレスドよりもアバの方が軽快な印象で好きなのですが、ここはMP総量の多さで一択、次のローブをブレスドと決めました。

エルダーの僕には、皆さんにリチャージをしなくてはならないという、大切な使命があります。
その為に、MPの総量はでも多いに越したことはありません。
あくまで機能重視、皆さんのお役に立ちたいのです。

そこで、ブロッコリーズの 小次郎さん と一緒に、コアをせっせと集め続けて来ました。
まだ2つ3つと、そんな数しか集まっていませんが、継続は力!


20060225165842.jpg


小次郎さんの勤めるプロフィットもまた、エルダーと並びMP総量が物を言う職業です。

小次郎さんはバフの際、受けるリチャージを にしようと苦心して下さっているのです。
つまりこれは、僕のMPを考えてのこと、ひいては、PT全体のMP効率を考えての事なのです。フルPTにフルバフだと、かなりキツイものですが、それでも果敢に取り組んでくれます。
小次郎さんの熱意には、しばしば脱帽の思いです


確かに見た目も大切。
けれど世の中には、もっと大切な事があるよ、と。


20060225170113.jpg



コツコツと狩り続ける小次郎さんの背中を見て、僕は学ばせて頂きました。


こんにちは。
賢者の背中が眩しく映る、エルダーのラーク・スカイウォーカーです。


さて。
連日連夜のコア集めに僕は、少々のこと食傷気味になりました。

やらねばならぬことも、その意味の大きさも、僕は充分に理解しています。
しかしながら。
貯まらぬアデナ、貯まらぬコア、さしもの覚悟でも嫌気が指すというもの。

僕にとってのブレスドは、まるで 夜空に浮かぶ月の如し です。
手を伸ばしても触れられず、追えば追うほど逃げてゆくような・・・;;

そこでここ数日は、レベリングという名目でコア集めをサボり、あちこち散歩に出掛けていました。
胸の中には、罪悪感
それを抱えてベッドに潜り込むと、僕の枕元には エヴァの神サマ が現れました。

そして僕に啓示を。

==============================================================================

      新規サーバー「ルナ」誕生!
      新規キャラクタースペシャルサポート実施中!!

==============================================================================




おお、神サマ、今回は 抜 粋 やらと、意味不明の注釈は無しですか?

そんな具合に。僕が 至極当たり前の啓示を受ける者としての喜びを感じておりますれば・・・



==============================================================================

   冒険家組合では期間限定で武器の貸し出しサービスをしているの。

   この武器があれば楽に冒険を進めることが出来るはずよ♪

   もちろんあなたのような方なら無料で貸してあげられるわ♥

          (公式サイト・クロニクル4スタート記念キャンペーンより抜粋)

==============================================================================




   ○| ̄|_   ルナ嬢ですね、はい。



もういいです。

分かりました、もういいです。

要しまするに、神サマ。


ここへ行って気分転換をして来いと、そういう事ですね。
そして。
これは夢ですね、僕は夢を見ているのですね、そうですね。

了解しました、把握しました。

それでは神サマ・・・・


僕を 月(ルナ)  まで連れてって!w






20060225171450.jpg


そんな経緯で、ふと気づけは僕は、全てのエルフの母 世界樹 の元に立っておりました。
生まれたばかりのまっさらな身体。
違う名前に違う顔、これは僕であって僕ではない僕です。

身体は軽く、生命力に満ち溢れています。
右手には


20060225171609.jpg


見習いナイトのソード
なぜ、エルダーである僕がファイターとして生を授かったのかと申しますと。



思い返せば・・・僕が始めてアデンに生を受けた時。

僕はスカウト志望のファイターでした。
マスターコベンデルの指導で、せっせと弓の腕を磨き、ようやく念願のウードンを着て。

そんな頃合に、僕の妹分 龍の姫 が、世界樹の元に誕生しました。

彼女はとにかく  じゃじゃ馬  元気が良くて!

放って置けば、どこまでも。
一度旅に出ると、必ずHP0になってから 最寄の村に戻ってくるという それはそれはもう、とんでもない  じゃじゃ馬  快活な娘でした

スカウト志望の僕では、とても妹分を守り切る事が出来ません。
たとえ命がけで敵を殲滅したとしても、目の前の床には、敵と一緒に龍ちゃんが横たわるような有様。orz
そこでぼくは・・・・

七日間掛けて 生まれ変わった気持ちになり

メイジ として修行を再開しました。

そして、エルダーである今の僕がいるわけです。

どうせルナに生まれるならば、たとえ刹那でもいい、僕はスカウトになりたい。
これは、そんな願いがエヴァの神サマに通じた結果ですw
閑話休題。




さてさて、冒険家組合から武器の貸し出しを受け、LvUPは快調です。
貸し出された武器は100kクラスと同等品。驚くほど強いです。
あっという間にLv8。
待望の、ハーブティエンからの胞子クエを受けて

20060225173210.jpg

無事に、ウードンセットを着る事が出来ました。
久しぶりです、この感触! なんとも懐かしい限りです。

20060225173250.jpg

初心者バフを受けて足取りも軽やか。
スポアを射抜いては逃げ、射抜いては逃げ。

そうこうしているうちに、ふと、僕の足は止まりました。




20060225173314.jpg




ああ、そうだね。誰でも皆、初期村に居た記憶があるんだね。
城主を務めるあの方も、赤い名前のあの方も。


蟻穴で助けられたときに、救いの主である 銀さん は、既にブリガンを着ていました。
僕は銀さんの、TI時代を知りません。
けれど・・・ヒーローの銀さんだって昔は、それもそんなに遠くない昔には、こうしてウードンセットで修行をしていたに違いありません。

ラトク隊長 だって同じ筈。
敵に襲われて情けなく逃げ惑う僕から、ヘイト一つで敵を引き受け。
いつでも僕を脅威から守ってくれる隊長も、やはり同じく遠くない昔には、 こうしてウードンを着ていた筈。


そんな具合に、見たことの無いTI時代へと思いを馳せながら、その向こう側に、
僕は己の過去を透かし見ました

あの頃は、今の1/10程もアデナが無かったけれど。
心は、今と変わらず豊かでした。

何故あれ程までに、僕は世の中を楽観できていたのかな。
それを考えれば・・・・答えは簡単です。


余計な焦燥感を覚えていなかったから。
知らぬが故の勇気もある。

けれど・・・知ってしまってからの努力の方が尊いのですよ、皆さん。


成る程。
僕は、少々と焦り過ぎていたようです。
なんて愚かなんでしょうか僕は。
アデナなんて、コアなんて、毎日楽しく過ごしていれば、自ずと貯まるものなのに。



大切なのは

手にすることではなくて

その過程を楽しむことなのに




まったく。嫌だね、せっかちは!w




そんな具合に、僕はサッパリとした気持ちになって、ルナの夢から醒めました。
本当に、上質の夢を見ました。エヴァの神サマ感謝致します!


本日はこの後、レイドに参加してみようかと思います。

これもまた、未だ見ぬ歓喜の一つ。
ただしこの歓喜は、過去に存在するのではなくて、これから僕らが作るモノです。

さあ、前を見ましょう!

今夜もシャッキリ行きますよ~!!><b
スポンサーサイト

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

バーティカル・リミット

本日は、春のような陽気でした。
まるで桜が千花乱舞を始めるかと思うような、うららかな日和。
寒いのが大嫌いな僕としては、まさにゴキゲンな一日となりました。

しかし、残念ながら未だ二月。
桜はまだまだ先の話、その内に、また冷え込みが戻って来るのでしょうか。

それでも、今日は今日です。
僕は、まるでエヴァに祈るように、暖かな日差しを尊び謳歌しました。


こんにちは。  まず、今日を生きる為に生きましょう。
 "イメージしてごらん?"  エルダーのラーク・スカイウォーカーです。



こんな、暖かな日差しに、ツイうたた寝を・・・

20060222210808.jpg

などと、これはそんな、のんきな状況ではありませんw



楽しむ為に、ピクニック気分で足を運んだ悪魔の島。

20060222210844.jpg

そこで、つい楽しむ気持ちが高ぶり過ぎた為に

20060222210916.jpg




20060222211028.jpg

おかしな具合に、みなぎりスイッチ まで入ってしまいまして・・・

20060222211059.png








20060222211210.jpg






恐るべき相手を、まるで珍獣のように扱った結果・・・・









20060222211225.jpg


突如として ワープをしてきた ザケンに、なますの如く切り刻まれました。
なすすべもなく、PTは全滅。
これは天罰でしょうか、迂闊な僕らを嘲笑うかのような天罰。

実はこの時、居合わせたメンバーが装備を遺品としてドロップしました。
落としたご本人は、キッパリ諦めると仰って、サルベージ部隊の結成を硬くご辞退なされたのですが。



そこは、我 ら が 銀 侍 !



チャットでのやり取りが収束し、サルベージを行わない事が決定。
そしてPTが解散されるやいなや、銀さんは僕へボツリと一言だけ囁きました。

銀侍「ラーク、バフ頼む」

ピンと来ました。
当たり前です、僕に分からない筈がありませんよ。



銀さんは、たった独りでも、サルベージに向かうつもりなのです。
孤高の闘争心は未だ消えず。
銀さん、あなたはなんてカッコいいんでしょう、けれどね・・・・。

僕があなたを、独りで行かせると思っちゃいけません!w

僕は黙って、いの一番に自分へバフを掛けました。

そして、共に行くと断固たる宣言をしてから、今度は銀さんへもバフを掛けました。

忘れちゃあ嫌ですよ、銀さん。
僕の命は銀さんに預けてあるんです、死ぬも生きるも一緒です。
そうでしょう?




20060222211854.jpg

麻痺スキルを持ったモンスターの群れの中を、僕らは、神に祈りながら駆け抜けました。
銀さんはスキルを全開にして、敵を瞬殺。

エルダーである僕には、麻痺を治す手段がありません
つまり麻痺を食らってしまったら、そこでサルベージは失敗。
二次遭難をする公算が高い、非常に厳しい戦いです。


20060222212019.png




20060222212541.gif


ああどうか・・・。
エヴァの神様、この熱き魂を持つグラディエーターを。
銀さんを、どうかお守りください。







20060222212930.jpg

この崖から下へ飛び降りれば、行く先は、高Lvの敵ばかり。
ここがまさに バーティカルリミット です。

突撃前の回復休憩を取りながら、僕は、やっぱりあの頃を思い出していました。

そう、それは。
僕がまだ、マジックパワーチュニックを着ていた頃の、懐かしい事件。

蟻穴で遭難した挙句、一張羅のチュニックを落とした僕を、銀さんが颯爽と助けに来てくれた、そんな懐かしい思い出でした。

あの時に初対面だった僕は、心の中で密かに、銀さんを 【ヒーロー】
そう呼びました。




そして月日は流れ。
帰る家を失くし、根来四人衆で彷徨っていた時に。
銀さんは僕を 【友】 と、そう呼んでくれました。


・・・銀さんに覚えておいて欲しい事が、僕には一つだけあるのです。

それは、僕の命は、あの日から 銀さんのものだと言う事

これは、恩があるからそれを返すとか、そんな薄っぺらいものじゃありません。
それぞれ呼び名は違えど、互いに、大切な物の名を相手に冠した日から、僕らの信頼関係は揺ぎ無いものになった筈。
少なくとも、僕は強く、それを確信しています。

銀さんが玉座に在る所を、この目で見たい。
僕の命は今、それだけの為にあるのです。

万難を排し、駆け上がり、いつか城を手にする時まで、僕の命は銀さんのもの。

ただ一つ、これだけはどうか覚えておいて下さい、銀さん。






いよいよ以って 大海賊の密室に続くドア の前にたどり着いた僕らは

20060222214311.jpg


扉の前で、暫しと語り合いました。

20060222214430.gif


これから命を捨てるかも知れないというのに。
僕らはまるで

うららかな春の日差しの元、弁当をでも広げているような

そんな暢気さでおどけながら。



だって、そうでしょう?


ヒーローと共にあるのならば

友と共にあるのならば


死が怖い筈もありませんよ。






さてさて。

ここから先は、あまりの事態に、SSを撮る暇がありませんでした。
従って、結果だけをご報告させて頂きます。

サルベージは見事に成功!!

数々と出た遺品は、今、銀さんの手元にあります。順次、皆さんの元へと帰る筈です。



昨夜のメンバーだった皆さん。
勝手ながら、一つ、お願いがあります。
どうか、どうか。
受け取る際には是非、銀さんの英断と勇気を 称えて下さい。


これは、仲間の為なら命も顧みぬ、銀さんの功績に他なりません!

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

コキンタの活躍

現在、少々と訳有って、銀さんにお暇を頂いております。
侍衆の皆々様、お元気でしょうか。
僕は、ぼちぼちと元気に、読書に精を出す毎日です。

C4導入に伴い、愛読書 エヴァの涙 を取り上げられ、代わりに

20060218152223.jpg

こんなステッキをあてがわれるという、言論統制の被害を受けた僕ですが。



20060218152318.jpg

幸いにして、読みたい本が有象無象と並んでいる書架を見つけました。
これだけあれば、相当に長い間、引きこもって居られそうですよ!><b



こんにちは。読むべき本が手元にあると、精神衛生上、非常に有益です。
深刻な活字中毒者、エルダーのラーク・スカイウォーカーです。

書店と図書館と古本屋を巡ると、有意義な余暇を過ごしたような 錯覚 を引き起こすのが、主だった症状ですw




さて、前回のブログでご紹介させて頂きました通り。

20060214221818.jpg

休止中の友 キンタコンテ より、ベイビークーガーを預かりました。
この赤ちゃんトラを、飼い主の名に因み コキンタ と呼び、僕は数日、慈しみ育てて参りました。

コキンタの満面の笑顔。
ヒョッコリヒョッコリと僕の後を駆ける姿。
右前足をひょいと出して、懸命にヒールをくれる様も。

旅をする際に、コキンタは大切な友となり、僕の心を慰めてくれる存在です。

しかし。
コキンタが、彼の持つ真価を発揮するのは、やはり ソロ狩り ではないかと。
僕は数日一緒に居て、それを確信致しました。

特にエルダーである僕は、自前でグレーダーヒールを持ち合わせております。
これでは残念ながら、コキンタの繰り出す回復量26のヒールは無用の物となってしまうのです。


というわけで。
昨年のクリスマスに登場した あの方に 再登場を願いました。

そう、貧乏エルダーである僕へ日々仕送りを欠かさぬ、奇特な人。

帰還スクロールも節約し、今際の際までも回復剤を飲まず、100k単位のアデナが貯まれば即座にご寄付をくれる、あの方。


僕のブログでは隠れキャラ的存在の・・・・・。











20051224034258.jpg


僕の足長おじさん(仮名)です!w 
2ヶ月ぶりに再登場。
彼はソロ狩りがメインスタイル、コキンタの真価を十二分に発揮できるはずです。

キャラクター選択画面では、いつでもお隣さんの彼ですが
ワールド内においては対面を許されぬのが、暗黙のルールw
そこで僕は、召喚チャイムに餌を沿え、貨物倉庫番へ依頼をしました。

そして、切々と手紙を。


==============================================================================
  拝啓 足長おじさん

    いつもいつも、多額のご寄付を下さりありがとうございます。
    さて、この度は、友人より預かった、大切な仔虎をあなたに託します。
    どうかコキンタを可愛がってやって下さい。

    追伸:コキンタのLvが30に上がったら、すぐさま回収致します!w

                                 ラークスカイウォーカより
==============================================================================









20060218153757.jpg


まあまあ。
そうカッカしないで下さい、足長おじさん(仮)。

ほらほら、途中でセリフが 伏字 になってますよ!w

前回に比べ、足長おじさん(仮)はLvUP。Lv39になりました。
言うなれば、転職前の一番キツい所ですね・・・。

Wizである彼にとって理想的な狩対象は、キッチリ主砲二発で敵を沈められる敵。
MP効率を考えると、どうしてもそれ以上の敵は狩れません。
そのために、日頃ソロで狩りをする際、彼が狩対象と定めているのは、クルマ湿地に生息するマーシュスタッカート一族。
二次転職前の足長おじさんは、常にディオン在住を強いられて来ました。

ところが。





20060218154222.jpg

はいはい、そこで、ツベコベと言わないで下さい!w

この度の狩場は、私塾前
狩場のランク的には、三階級ほどの特進です!

これを可能にしたのは他でもない


20060218154419.jpg

巷で役立たずとの名高い、コキンタの 前足ヒール でした。

HPをMPへと変換するスキル、ボディートゥーマインド(以下B2M)と、コキンタのヒールの相性は、なかなかのものでした。


20060218154528.jpg


◎数値上で表すと
一度のB2Mによって消費するHPは、公式によれば131。
しかし、実際の消費は、自然回復を加味すると123ほどです。

その、消費したHP123を取り戻すためは、コキンタのヒールと(これまた)自然回復を合わせると、おおよそ3~4回程。
じっと座っていれば、あっという間です。


◎体感的には
じっと座って回復を待たずとも、前足ヒールの効果は絶大。
コープスライフドレイン(死体からHPを吸収するスキル)の頻度が、目に見えて減りました。
これによりMPの燃費が良くなり、結果として、回復の為にじっと座るまでの時間を長引かせることが出来ました。


ペットが使うヒールに掛かる必要MPは、全く以って微々たるものなので、そちらのMP切れを心配する必要はありません。
お陰で、単位時間当たりに敵を倒す数、いわゆる時給が、劇的に良くなりました。





さてさて。
アクティブの居る狩場では、いの一番に狙われる新ペット。
しかも、一撃轟沈の彼らを上手く守るには如何したら良いのでしょうか。



1)アクティブの居ない狩場を選ぶ

当然といえば当然の事ですが、これが基本です。
最近、足長おじさん(仮)が足繁く通うのは、クルマの塔。
ポルタ部屋と呼ばれる場所です。
行動範囲を部屋の中に限定して、コキンタをノビノビと放牧しているようです。

足長おじさんは、ポルタのスキルを食らっては

20060218154745.png





20060218154813.png


先生、それはまた・・・極めて分かり難いネタですねw

スカベンジャーの相方を連れ、強化糸や高級レザーを、せっせと収集。
足長おじさんありがとう。
これらはいずれ、ブレスドセットに化ける予定です!><b



2)アクティブ狩場では、常に振り返る

新ペットのヒールは、詠唱に少々の時間を要します。
そこで、ヒールを貰いながら移動狩りをする際に、自分本位に移動を続けるとペットを置き去りにしてしまう羽目に。

20060218154954.jpg

ですから、ペットがヒールのモーションに入ったら、すかさず立ち止まり

20060218155003.jpg

追いついて来るのを見守りましょう。



3)アクティブ狩場では、安全な場所にペットを待機させる

20060218160714.jpg



確実に安全な場所というのは、なかなか難しいものですが、もしもそれを見つけたら、すかさず待機させましょう。

ただし、これにもコツがあります。
新ペットは、主人のHPがおおよそ85%を切ると、一目散に現場へ駆けつけ、ヒールを始めるという、蕩けるほど健気な特徴を持ち合わせています。

もしも、新ペットの待機場所と主人の間にアクティブモンスターが沸いていたら・・・。

結果は火を見るよりも明らかです。orz

そこで、敵を倒すときには、必ず待機場所まで引いてきて交戦をする事。
少々と面倒ですが
20060218162031.jpg


愛するペットの為ならば!><b




さて、ここらで真面目に Evaluation です。
召喚する側のキャラクターLvにもよりますし、対象とする敵にもよるかと思います。
従って、以下はあくまでも私感に過ぎません。
Evaluation としては、少々頼りない結論で恐縮です。

新ペットを取得するクエを達成するためには、400k級の武器を、ペット管理人に渡す必要があります。
現在のゴースティンにおける最低価格は、税込み470,350アデナですね。
この470kあまりのアデナを支払って、これと等価のものを得られるのか、これが一番気になるところかと思います。

回復POTとして一番ポピュラーな高級体力回復剤は、税込み379アデナ。
おおよそ、1241本分に相当するわけです。
もしも、これから飼おうとしているあなたが、そのアデナを回復量26のヒールに支払うのは馬鹿らしい、と思うようならば、残念ながら、新ペットの取得をお奨めする事はできません。

しかしながら、僕は思うのです。
POTをがぶ飲みするぐらいならば、新ペットを飼う方が、心が豊かになれますよ、と。

なにしろ同アカウントで共有できる事が最大の強みです。
たとえば、育成をする気が起きなくても。
ただじっと座ってHPを回復する間にだけ呼び出し、POT代わりに使ったとしても。

その、孤独で退屈な時間を、可愛らしいペットと共に過ごせるのならば、けっして高い買い物にはならないのでは、と。

そう結論付けまして、僕はやはり、新ペット達をイチオシさせていただきます! 

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

コキンタ登場!

先日、Lv4に昇格した【侍衆】は、無事、初陣を果たして参りました。
参戦したのは、国境の向こうに現れた新しい城。

ゴダード城です。

20060214220606.jpg



アデンの誰も所有していなかったこの城を守るのは、いわゆるNPC。
言葉も何も通じない人々です。

こんな経験など、滅多に出来る事では御座いません。
先陣を切るのは盟主の銀さん。そして、切り込み隊長のラトクさん。

僕ら侍衆は、熱き血を滾らせて外門に突撃開始。

すると!





・・・・・わぁお。







20060214220750.jpg


外門の前では近衛騎士を筆頭に、守備隊がズラリと。
手薬煉を引いておりました。

これは一体、何の冗談ですか?w


この夜、幾度となく交感を試みたのですが、結局も最後は時間切れで幕引き。
残念ながらこの度は、玉座の夢を果たせなかったのですが。


我らが盟主の銀さんは


20060214220934.jpg






銀さんは・・・







20060214221016.jpg

20060214221007.jpg



銀さんは、今日も変わらず元気ですw


こんばんは。そう来なくっちゃ始まらない! ><b

銀さんの為なら幾度と散れます、エルダーのラーク・スカイウォーカーです。


夢は、それへ続く道のりが長く険しいからこそ、楽しめるという寸法。
御近所の雑貨屋にスクロールを買いに行くような、簡単な道のりだったとしたら・・・。

すぐに終わってしまって、余りに勿体無いではありませんか。

銀さんの言う、臥薪嘗胆という言葉。
あなたに仕えてから、僕も、この言葉が大好きになりました。





さて。
先日のコメント通りに、僕の大切な友達 キンタコンテ が遊びに来てくれました。

キンタは僕の友人であるとともに、銀さんにとっても大切な友人。
誘い合わせて、僕らは、アンヘル滝へと足を運びました。

男三匹、滝から釣り糸を垂れて、思い出話に華を咲かせて。
筆舌しがたき、楽しい時間。
僕らは始終、冗談を言い合っては笑っておりました。


そう、ここに書き留めたい、楽しい出来事が 山程もあったのです!
にも関わらず・・・・。




あのですね、この際ですから、告白してしまえば。

僕はキンタと居ると、嬉しさの余りに、先祖がえりを起こすのですw
歳も立場も、ブログの更新もどこへやら。

薹が立ちすぎた子供 へと戻って、遊びに夢中になってしまいます。

それはもう、とてもとてもヒトサマにはお見せ出来ない程のはしゃぎっぷりでして。
頭がスッカラカンになった僕は、遊び惚けた結果・・・・。

SSを撮る事を、すっかり失念してしまいました。
辛うじて取れたのは、たった一枚。


20060214221340.png



別れ際に慌ててシャッターを切った



20060214221349.jpg


あまりにも斬新な、キンタの ステテコ姿 だけ orz

ごめん!

本当にゴメンよ、キンタ!><

いくらネタだと言っても、これは無いよね。



いくらキンタがネタまみれの、ネタ過剰積載男 だからと言っても

・・・・・・アワワ、フォローに失敗しました h






そんな 素晴らしき友 キンタから、この度、僕は大切なものを預かりました。


20060214221645.jpg


そう、トラです。かわいいトラ!


キンタが完全復帰をするその日まで、慈しみ育てる約束をしました。

OK、任せろキンタ。

僕は自他共に認める 子育てマニア だからね!


さあ、さっそく呼び出してみましょう。チリンチリン~。



出てくるなり、ベイビークーガーは



20060214221818.jpg



満 面 の 笑 顔


どうしろと?
僕にどうしろと?

ねえキンタ。
あまりの愛らしさに、脳みそが メルトダウン を起こしそうだよ!!w


可愛すぎる、勘弁してくれ!



20060214222149.jpg


並んで座れば同じ耳。ああ、ああ、ああ~。




・・・・キンタ、クーガーは貰った!
必ず幸せにするからあsdふじこ





未成年者略取誘拐罪成立の恐れアリw

ともかくも、クーガーのLvは、25の83%。

デスペナ二回のうち、一回は、キンタがカンパナで殴った挙句

1k越えのダメージを与え

うっかりと即死させたという・・・・。

余りにも、胸の痛む星の下に生まれた子なのです。

よし、分かったキンタ。
いずれ返すその日まで、僕が大切に育てるから。
任せておけ!

僕は飼い主ではなくて、あくまでクーガーの飼育係。
預かっているペットの名称を変更をするわけには参りませんが、いつまでもクーガーと呼ぶのは味気ないもの。

そこで、呼ぶときに使うための、仮の名前を考えました。

そうだなぁ、キンタの虎だから。


コキンタ!><b


飼い主のキンタが認めるか分かりませんが、いや認めなくとも(ォィ)ブログ内では強権発動します。
皆様、今後とも、コキンタを宜しくお願いします。



さてさて、まずは手始めに、デスペナでも取り戻そうか。
キンタが言うには、コキンタのチャームポイントは、駆けて行く後ろ姿にあるとの事。
どれどれ、さっそく。

20060214222401.jpg


ピ ン ク の 肉 球


うわー・・・・これはもう。
駄目だ駄目だ、もう駄目だ。
これは駄目です。
余りにも駄目過ぎます。
駄目ですって。

読んで下さっている皆様、申し訳ありません。

文章を紡ぐ理性が崩壊の危機を迎えております。
全く以って、何という破壊力でしょうか。

予てより、肉球マニアの龍ちゃんは、僕よりも更に危機的な状況にあるらしく


20060214222546.jpg


僕がコキンタを召喚したが最後、けっして側を離れません。
これでは狩りになりません!hhh



コキンタは、攻撃力1、防御力4。
物理攻撃をしてもたかが知れておりますし、敵の攻撃を食らえばひとたまりもありません。

しかも、ウルフやハッチとは違い、装備をつける事も出来ないのです。
レベル上げは一苦労かと思いきや。



狩りを初めて暫し、僕は気付きました。

20060214222809.jpg


彼はまず、ヒールスキルを持っておりました。
回復量26という、少々微妙なヒールですが、しかしその分、ヘイトも相応に低い為、アクティブの居ない狩場ならば安心して連れ歩けます。

更に。

彼はウルフやハッチとは、経験値を稼ぐ方法が違うのです。

驚くべき事に、コキンタは僕の後ろをついてきて、まったり見学しながらも、時折ヒール。
これだけで、僕が貰う経験値の、実に10%を吸収してくれるのです。

なんとまあ、御気楽な!w
殴らずに、ヒールをするだけで  まんまとレベリングです。

あれ?・・・何処かにそんな身分のエルダーが居たような。

ん~。
そこはそれ、気付かぬ振りで行きます。w


そうこうしながら、おおよそ30分。



20060214222953.jpg


 Yeah! 

無事にLvが復帰いたしました。
良かったねコキンタ、これで君も人並みの仔虎だよ。


さあ、このまま順調にスクスクと育ってゆこう。

そして、やがてキンタの元に帰る頃には









20060214223025.jpg


こんな感じになって。

キンタを 頭からムシャムシャ 食べてやろう。><b

キンタの命は、リザをかければ大丈夫ですとも!ええ、大丈夫です!
・・・・たぶんねw

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

アデン千夜釣行

エルダーであるところの僕は、パーティリコールを、己の大事な、一つの役割であると考えております。
何処かへ集合する時などは、リコール対象の方々が揃うまで、帰還ポイントで人待ちをする機会が多いです。

つい最近までは、この待ち時間を、景色を眺めたり、血盟チャットへ下らない冗談を垂れ流したり。
そんな調子でブラブラと潰しておりました。

こういった時間の使い方を、僕は好ましく思う性質です。
狩りをするよりも、これは、むしろ贅沢な過ごし方かと思うのです。

20060115165835.jpg


ああ、このままいつまでも。

この世の終わりまででも、ずーっとこの調子で 怠けて居たいなぁ。

・・・オマエやる気はあるのか!と問い詰められるのが一番キツいのですがw

そんな、まったりペースの人生へ。
エヴァのカミサマが、素晴らしい趣味をお与え下さいました。

それが

20060211131432.jpg


待機中の釣りです!

僕はもう、すっかり釣りの虜ですw
小遣いの範囲内でルアーを買い、チョイチョイ楽しんでいます。

魚が釣れたとて、釣れずとて、それは大した問題ではありません。
フィッシュ・オンしたときの興奮や、釣れた魚を解体するときのワクワクや。
ただ釣りをするだけで、とびきり素敵なプレゼントを頂いたような心地です!

そんな僕ですから、非常に申し訳ないことに

20060211132004.jpg

待ち人来たり とも気付かず。
釣りを続けた結果、しばしば、待ち合わせの時間に遅れそうになります。orz

こら、定時運行を心がけろ!

こんにちは。運行ダイヤは お魚さん 次第。
気まぐれバスの運転手、エルダーのラーク・スカイウォーカーです。




さて、今回は、アチコチと釣りに出かけた模様をお伝えしたいと思います。

釣りの効率を考えれば、糸を垂れるポイントは街中、出来るなればなるべくも、釣り場組合員の傍に陣取るのが良いのでしょうが。

しかしね、皆さん。
これは勿体無いまでの、エヴァの恩寵。

折角の 釣り ですよ!><b

あちこちと旅行をして、楽しみながら釣りをしないと、あまりにも勿体無いではありませんか。




1)温泉釣り

まず先日のクラハンで出向いた、ゴダード温泉地帯を。
所在地は、こちらです。

20060211132407.jpg

国境の堅固な門を越え、暫し歩くと、そこは・・・猛獣ワンダーランド でしたw
言うなれば、差し迫った命の危険があるサファリパークです。orz

敵は高レベル、全て真っ赤な上に、身のこなしが軽く回避が高いのです。
殴っても殴っても、なかなか当たりません。その上、HPの量も半端ではありません。
居合わせたメンバー全員で掛かって、一匹倒すのに、どれほどの時間が掛かった事か。

一体どんなレイドですか、これは!w
そんな状況の狩りに危機感を覚え

20060211132531.jpg


チキンハート エルダー、PTリコ発動です。
迂闊にも死者を出してしまう前に、ここはサッサと逃げるにしかず。

ひとっ飛びで到着したゴダードの街は

20060211132826.jpg

生活の活力に溢れた、とても賑やかな下町風の雰囲気でした。
この日は、ゴダードへの国境が開かれた初日とあって、アデンから訪れた人々で街はごった返し、まるでお祭りのような人出。

僕らは街を見物しながら、ルアーを買い求め

さあ、さっそく温泉地帯へGO~!

真っ赤な山羊と思しきモンスターや、これもまた真っ赤な巨大蜘蛛の脇を、恐る恐ると通過して。

20060211133016.jpg

僕らはさっそく、温泉へ釣り糸を垂れます。イレグイですよ!

シンガーである いるるさん の美しい歌声を聴きながら、優雅な釣りを。

僕らの顔は、皆一様に大きくなっておりますが。
これは、ミステリアスPOTの効果でも、魚からの呪いによるものでもありません。
温泉を知る好々爺 クーベルさん の言う事には、これは温泉の効能が齎す幻覚だそうでして。


幻覚、ですか・・・ねえクーベルさん。


この温泉、健康に良いどころか、身体に悪いんじゃないですか?
それよりなにより、何故にあなただけ




20060211133220.jpg


頭のサイズに変化が無いのですか?!

どうにも納得なりません。
温泉の幻覚すらも跳ね返すあなたは、一体何者ですか。

ひょっとしてラスボスレベル



・・・ぇ?これでも大きくなってるって?
それは、つまり。



元々の頭が小さくて、18等身ぐらいあるって事ですか!w
温泉爺、侮りがたし。





2)滝釣り

僕がこよなく愛するダイヴポイント

20060211133720.jpg


アンヘル滝でも釣りをしてみました。

20060211133551.jpg


滝の細かいミストを浴びながら、そして滝に掛かる美しい虹を眺めながらの釣り。

なんたる絶景でしょうか!

釣竿を放り出して、衝動的にダイヴをしたくなったのは、ここだけの内緒話ですw

他にも

20060211133917.jpg

ブクブク・・・ここが何処かだお分かりですか?

そう、滝といえば、Lv30代からの狩場である、御馴染みのここ。

20060211133943.jpg


パルチザンのアジト 中央から流れ落ちる滝です。

思えば、ダイヴマニアの僕が、生まれて初めて飛び込んだのは、ここの滝でした。

20060211134225.jpg

荘厳なまでの爆々たる光景。

ここで釣り糸を垂れるのも、楽しいひとときです。

20060211134304.jpg


如何でしょう。
何やら絵になると思っているのですが・・・自己満足の範疇ですので、そっとして置いて下さいw





3)湖釣り

夕闇迫る頃合に、今度は ナルセル湖 まで足を運びました。

20060211134656.jpg


そろそろ、楽しい一日も終わりを迎えようとしています。
茜に染まる空と、それを鏡のように映す静かな湖面。辺り一面、薔薇色の世界です。

その美しさに息を呑みながら

20060211134737.jpg

そうっと、壊れ物を扱うようにルアーを投げ入れました。

湖面には、同心円に波紋が広がり・・・僕は待つこと暫し。

20060211134841.jpg


フィッシュオン!

流麗な湖水から魚を引き上げるのは、少々の罪悪感をすら伴いました。

すまないね、魚さん。
けれど、僕に早く顔を見せておくれ。




そして、足が向くままに、満開のしだれ桜が咲くコロシアムへ。

20060211135000.jpg

旅の最後は、皆で賑やかに集まって

20060211135050.jpg


他愛もない話をしながら、和気藹々と釣りを楽しみました。

アクセクと狩りをして、アデナのやりくりと相談して。
どうしても、人はそこから逃れる事は出来ません。出来ないならば、楽しくやりくりをして行きたいものですが。

たまにはこんな、息抜きの旅も良いものですよ。


・・・いや、うん、分かっておりますとも。

たまには、オマエも息を入れてみろと、そういう類のお叱りですね、はい。

いつもいつも、息を抜いてばかりでごめんなさい。orz




さてさて、ところで。

釣りをしていると、つれるのは魚だけではありません。

うっかりとモンスターを釣り上げてしまう事もあります。
僕はヒーラーですから、そんな時は、簡単に瀕死の危機になります。hhh

そのモンスター達は、スキルとして、呪いを掛けてくるのですが、その呪いの内容が。

20060211135309.png





呪いの内容は・・・




20060211135321.jpg


軽い精神的ブラクラですw

ああ。

これで、ラトク隊長にミステリアスPOTをねだる口実がなくなってしまいました。
問題はそこですよ!w

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

A Whole New World

ある日、INしてみましたらば

世界が変わっておりました。

まず、驚くべき事に

20060209212809.jpg

僕の愛読書が、こんなステッキに姿を変えておりました。

ちょっと待ってください。
これではもう読めないじゃありませんか!orz

読みたかった本が絶版になっていた、という経験は数々としたことがありますが。
強制回収などと・・・こんな 言論統制 アリなのですか?!w


とまどいながら不安を抱えて、人の多いギランへと、様子を伺いに足を運んで見ると

20060209213127.jpg

安さんの様子に何やら違和感が。

・・・いつからそんな仕草で、二刀を扱うようになったんですか?

僕の知る、元気印でハジケていた安さんが、いつの間にやらお嬢様に。
見慣れた女性が、急におしとやかな仕草をすると、密かにドギマギするものです。


更に。
共にエヴァへと信仰を捧げてきた、森の兄弟エグノスでさえも

20060209213310.jpg

いつの間に衣替えしたんですか? いやむしろ・・・・・

いつの間に、整形したんですか!><
まるきり映し鏡のように、僕とそっくりです。hhh


こんにちは。 こうなったらば腹を決めて

20060209213440.png

残りの人生を漁師として生きてゆこうと決意しました。

エルダーあらため、アデンの釣り師 ラーク・スカイウォーカーです!



思い立ったら吉日と申します。僕は早速はせ参じ、転職の申し込みを。

2.5次転職

僕は今日から漁師になります!

そう意気込んで、ギランの大神官 マクシミリアンへと申請を試みましたらば・・・

20060209213553.jpg

一刀両断に追い返されました。
ああ、アインハザードの大神官サマは、噂に違わず苛烈ですね!orz

クエを受けるまでもなく、転職失敗 です。hh


改めましてこんにちは。
やっぱりエルダーの、ラークスカイウォーカーですw



さて、マクシミリアンのツレナイ言葉にもメゲズ。

20060209214048.jpg

Nグレ釣竿を右手に、ルアーを左手に、僕はギランを飛び出しました!

ツレナイ ならば 釣ってやります!w 向かう先は

20060209214256.jpg

僕の愛する水の都 ハイネス です。
この街は、故郷と似ていて故郷と違う、そう、言うなれば僕の第二の故郷です。

PTリコールで街へ駆けつけるが早いか、勢い込んでルアーを投げます。

さあ(極めて個人的には)記念すべき、一投目です!


20060209214410.jpg

釣りをする手がかりは、開始と同時にポップアップする、小さなウィンドウから得られます。

20060209214457.jpg

フィッシングLvと、リーリングLvの差が3以上になると、このようにペナルティがあります。
ですが、武器のペナルティと違って、一律にダメージを少しばかり減らされるだけなので、正直なところ、何の不便も感じませんw


そんな具合に、魚と楽しく知恵比べ をすること暫しの後・・・



20060209214632.jpg


いょっし、釣れましたよ!

釣りに成功すると、自然とガッツポーズが出ます。
反対に、折角の獲物をバラして(逃げられて)しまうと、今度は自然と涙が・・・。

まるで長老に叱られているようで、非常に嫌なのですがw


そうこうしている内に、釣りにも慣れてきて。
段々と僕は、新しい竿が欲しくなって参りました。

Dグレードの竿、120k也

20060209215447.png

ぼそぼそと、弱めに自己主張。
こういう時は、優柔不断に陥って堂々巡りをしている合図です。<ど~でもイイ豆知識w

20060209214749.png

20060209214809.png


商売上手な釣り師に、僕は騙されかけているのです。
自分でも良く分かりますとも。

ああ、ここで騙されちゃダメですよ! でも・・・・ああ、でも・・・・(以下延々と

ブレスド貯金を崩してしまいそうな自分が怖くて、勢い助けを求めてカミングアウト。


20060209214818.png



するとアサギリさんは・・・


20060209214827.png


ああ。 orz

転職したとたんに、大人になったねぇ!!
アサギリさん、僕は何やら寂しいよ!;;

そんな訳でして。
結局、誰も止めてくれる人も居なくて、僕はめでたくも、竿を新調致しました。
ああ、ブレスド。どうしましょう、衝動買いで貯金を切り崩してしまいました。orz

ん~・・・・(ここで3分だけ自己嫌悪)


ん! まあ、楽しければ良いやぁ!

新しい竿を手に入れた僕は、意気揚々と、旅行ならぬ 釣行 へ出かける事になりました。



その日は丁度クラハンの日でして。
当番の銀さんが、新領地開拓へと僕らを連れて行ってくれました。

国境の門で並び、皆で記念撮影。

20060209215837.jpg



僕らの背中に広がっているのは・・・



未だ見知らぬゴダードの地です!><b



思えば期待に胸が膨らみます。ハイテンションでGO!


さてさて、長くなりそうですので、今回はこの辺で。

僕の釣行の模様は、次回の更新でお伝えさせて頂きます。


なお。
詳しい釣りのテクニックは、リネージュツウシンさん

釣りレポート を御参照下さい。

え・・・手抜きするな、ですか?w
いや、僕の稚拙な説明なぞより、よっぽど分かりやすいですから。
いやいやいや、本当です。

皆さんオススメですよ、リネツウ!
欲しい情報がピタリと見つかります。

もりさん。
今回も素晴らしい情報をありがとうごさいます!><b

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

血盟、決意を固める

遡ること半月ほど前の事。
僕は同じ侍衆に所属する らんぱさん零ちゃん を連れて、血盟Lv4クエの下見旅行に出かけました。
僕ら【シレノス討伐隊】が当日行くべき場所を、イチから順に辿る旅。
当日の打ち合わせと検証を兼ねた旅であったのですが、そこは気心知れた間柄。

行程が進むにつれ半ば遠足のような 朗らかな旅になりました。

途中、アデン城の村に立ち寄った際。
初めてアデンを訪れた零ちゃんが、都市の美しさや、そこに居る人々の装いに、たちまち夢中になりました。

分かります。零ちゃん、分かりますとも、その気持ち!
僕も、りしゃこさんに連れられて、初めてアデンを訪れた時に、まったくと同じでした。
象牙のように眩い、白亜の造り。
見たこともなかった、鎧やローブを身に纏う人々。

新たな冒険というのは、いつでも人を魅了するものなのです。

僕は、そんな懐かしいばかりの自身を振り返りながら、一休みを提案。
下見を15分ほど中断して、零ちゃんへ「町の中を観光していいよ」と促しました。


すると

20060208193335.png

零ちゃん、絶好調です!w
彼女は途端、その場から 元気なバンビのように 駆け出しました。



あれ・・・・・


零ちゃん、ちょっと待った!





20060208193410.jpg


違う、違うよ。そっちじゃないよ、零ちゃん。
そっちは外です。怖いヤギさん に襲われてしまうよ、戻ってきて!><

こんにちは。 時に、初々しい皆さんの姿に、感銘を覚えております。
もしかしたらば子育てマニア、エルダーのラーク・スカイウォーカーです。




さて、そんなこんなで先週末。
僕らの【侍衆】は、いよいよ以って 血盟クエ を決行致しました。

20060208194117.png

クエスト開始地点へ向かう道中から、既に舞い上がっているエルダーが一名・・・。

いや、侍衆にエルダーは ただの一名より他には 居ないのですがw




仲間の献身的な犠牲をもって、クエは始まり

20060208194247.jpg


銀さんを死に至らしめんとする毒から救う為に、血盟員は一丸となって薬草を集め

20060208194348.jpg




やがて





20060208194415.jpg


血盟Lv4を、無事達成致しました!!


今回、僕はエルダーという身の上、この命を捧げる事は出来ませんでした。
けれど心は、ひとつです。

銀さんのためならば、この命、少しも惜しくはありませんとも。



20060208194515.jpg


クエストの名の通り

決意を新たにした 【侍衆】 を、

これからも皆様、宜しくお願いいたします。






おまけ:

盟主の銀さんが書く、血盟公式の活動記録に載るSSで、僕は


20060208194653.jpg


こっそりと、山羊031さん のモノマネをしましたw

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

ひみつきち

所属血盟 【侍衆】 のLv4クエスト決行日も決まり、僕は気合充分です!

それに備え、せっせとレベルを上げるため、最近は、ドラゴンバレーに居る事が多いです。
異教徒の方が効率よく稼げるのでしょうが、どうも、青空の下で汗を流すほうが性にあっているようです。

Lv53_1.jpg



こんばんは。
遺体を看過する事など出来ません! これも生来の性質。
お節介焼き、エルダーのラーク・スカイウォーカーです。

リザレクションを使うため、クルツへPT要請を出しましたが。
案の定、拒絶されました!

ん、確かにそこは、青空が見えて気持ち良さそうですからねぇ。

遺体ならば、これ以上襲われる心配も無いしw

そんな訳で、クルツへ別れを告げ、狩りに専念します。
蛇やら骨やらを成敗すること暫し。

Lv53_2_log.png

まあまあ、へぽさん。

そんな、人聞きの悪い事を言わないでw
纏めて固めて一網打尽!あ~、気分はスッキリ晴れ晴れです。
やがて・・・・


Lv53_2.jpg


いょっし、来た! Lv53になりましたよ~!!><b

血盟クエをするに辺り、これで不安は装備面だけになりました。

が・・・・。
急いだ所で、お財布事情が間に合わないので気にしませんw




さて、皆さん。
突然ですがクイズです。

20060203220115.jpg

Q:ここは一体何処でしょう?









正解者には、僕のリザレクションを差し上げます。

尚、賞品の発送は、勝手ながら・・・

遺体の方のみ とさせて頂きますw











さて正解は

20060203220457.jpg


こんな場所でした。

ここはフェアリーバレーの片隅。
MP回復の休憩中に、こっそりと銀さんが、岩棚になっている箇所を発見しました。


ひ み つ き ち を獲得ですよ!><b


雷鳥か何かが、巣を作りそうな岩棚。
こういった狭い場所というのは、何と申しましょうか、そこはかとなく落ち着きます。

20060203221309.jpg

ほら、上に居る小次郎さんへ、リチャージをすることも可能。

Marvelous! 銀さんサイコーですよ!!

あとでオヤツを持ち込んで、もっと居心地良くしましょう。
そんな具合に、暫しと童心に帰って居りましたらば。


初めに 龍ちゃん がやって来て

リチャに気づいた 小次郎さんへぽまろさん も来て

何だ何だと、ラトク隊長りしゃこさん が来て


・・・つまり結局、居合わせた全員が来てw




ちょちょちょ、ちょっと待って。
こんな狭い岩に、7人も乗り切らないって!

無理矢理に飛び込んでも乗らないよ!!><



あああ、岩からおちおちおち

落ちるーひぃー ;;




滑落者続出ですw
ああ、そうだね。侍衆も大きくなって来たからねぇ。

こんな、ゴッゴ遊びじゃなくて、そろそろアジトも欲しいね。
いっそ、 という名のアジトを持っちゃうとか、どう?!><b



Lv4に向け夢を膨らませつつ、小さな ひみつきち を諦めまして、もう少し広い所に移動をしました。


広い所に移動をしたのですが。



20060203221659.jpg


先程の余韻のせいか、なぜか必要以上に固まって座る僕ら。

もうゴチャゴチャですよw



ん、あれ?? 妙な気配に、僕がハタと見てみれば。

20060203221834.jpg


ソコ! ちょと待った!!

幾ら何でも、くっつき過ぎじゃないですか?w
へぽさん、復帰早々、いつの間にそんな間柄に・・・

イロイロやるコト早すぎですよっ! hhh



そんなへぽさんには、めでたくも
20060203221948.jpg

盟主の制裁が下りましたとさw




さてさて、話題は変わります。
ここ二週間、侍衆へ体験JOINして頂いた方のお話です。

お名前はアサギリさん、シリエンオラクルです。
彼はとても呑み込みが早く、僕がちょっとしたアドバイスをしようものならば、たちまち物にしてしまうという。
とんでもない 逸 材 です。

一度、ゲーム内で彼から 師匠 と呼んで頂いたのですが、それは丁重にお断り申し上げました。

何故ならば・・・僕はまだ修行中の身ですからね。
弟子を取る資格なぞ、この身の何処にもありませんよ。ヽ( ー`)ノ

といった次第でして。
彼は大切な仲間であり、カワイイ後輩です。


信仰する神に関しては、僕はエヴァ、彼はシーレン。
敵対すると教えられている神同士ですが・・・いやそれは、どちらかというと教団の都合なんじゃないかなぁと。

シーレンは、元々は水の神。
そう、つまり。
僕らエルフの、本当の生みの親なのです。

その後に不義を働き、シーレンは天界を追放され、後に代わりを務めるようになったのがエヴァであると。
ですから、DEの信仰は、原理主義的であるとも言える訳でして。


あ、でもこれ、村の長老には内緒ですよ。
こんな不信心な事を申している事がバレようものならば・・・

また叱られてしまいますから!



さて、アサギリさんは、体験JOIN期間も先日終了しまして。

銀さんから打診のメールが来ている筈、メールに不慣れなアサギリさんが気付かないと困るので、たまたまINしていた僕が直接、ディオンまで会いに行きました。

さて、アサギリさん。

お返事はどうでしょう?

20060203222502.jpg




ぇ・・・・もしや



20060203222623.jpg


何ですか、その 覚悟 というのは!w
あ~、びっくりした。侍衆流に言えば、吃 驚 。

「ラークさんのシゴキに耐えられません、辞めます!」

とか言われたら如何しようかと・・・変な汗を かいちゃいましたよw


20060203222749.jpg


こうなったらネタにしてやる、そんな強権発動w


そんな彼が、つい先日の事。
移動中、道に迷った挙句にENDして、血盟員へ 救援要請

口調は慌しい様子。それもその筈。

遺品が出ておりました、彼の虎の子 ヒヨコチュニック!!


果たして、サルベージに駆けつけた僕が目にした光景は






20060203222826.jpg


うわあ・・・・・・埋まってます

リネツウの風術師さん で見慣れてるとはいえ(ぉぃ


DEさんは


ENDすると埋まるんですね




自主的土葬、自然に優しいなぁ

テーマ:リネージュ2 - ジャンル:オンラインゲーム

このページのトップへ

FC2Ad

記事リスト

2006年02月の記事

プロフィール

LarkSkyWalker

Author:LarkSkyWalker
J6(ゴースティン)サーバーにて
日々、ウロウロしてます・・・
ヤル気あるんか!と問い詰めないでw

カレンダー(月別)

01 ≪│2006/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

最近記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク・公式と情報

リンク・所属血盟

リンク・ブログ日記巡り

ランダムつぶやき

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。